アンチエイジングの一環で、首元のスキンケアを大事にされる方が多くなりつつあります。
首イボ
実は、首元に年齢が出やすいというのがあるのです。例えば、首のシワ、首イボなどがあると見た目が一気に老けて見えるというのが一般的な意見のようです。
参考記事は:首イボ・首元ブツブツの原因と首元スキンケアの正しい方法

首イボができる原因は?

首にできるポツポツとした、よくいわれる首イボ。
首イボとは、古くなった一部の角質が硬くなり変色したものといわれています。つまり一般的には【首イボ=角質粒】なのです。

ではどうして古くなった角質が、首イボになるのでしょうか?
よく言われる首イボの原因は、紫外線による首にできるシミのようです。そしてお肌のターンオーバーの乱れがあります。

順を追って、首イボができる原因は紫外線により首元にシミが発生します。お肌のターンオーバーのサイクルが正常であれば、時間と共にお肌の生まれ変われによって自然に消滅するはずです。

でも、紫外線はもとよりさまざまな原因でターンオーバーに乱れが生じると、古くなった一部の角質が残ってしまうそうです。その角質が、次第に厚くなり他のお肌に比べると色が付いたようになります(分厚くなるから)。

そしてまた紫外線により、色がさらに変色していき茶褐色に。そして何回かのターンオーバーを経てお肌の表面にブツブツとして現れると、首にできたイボとなるようです。

首イボが出来てしまったら、どう対処するのか

表面に出てくると、首イボは見た目も悪い(先に書いたように、年がいっている様に見えてしまう)ですし、ネックレスや襟に当たってしまい、気になる方が多いです。

首イボは、古くなった角質が硬くなったモノ。つまり廻りのお肌に比べると、確実に乾燥している部分になります。
ですから、一番の対処法としては保湿してあげ軟らかくするのが一番であるといわれています。

さらに首にできるシワの原因の一つに、首のお肌の乾燥ともいわれていますので首のお肌の保湿ケアって意外に大事なんですね。普段から気をつけたいですね。

首イボ・首元スキンケアのおすすめの方法

今までの記載した情報をまとめますと、紫外線対策と保湿ケアというのが首イボ・首元スキンケアのキーワードになります。そういえば、顔は普段からシミやそばかす、日焼けなど対策はしている方が多いでけど首は?うーん、何もしていない・顔のお手入れの際にそのままついでに塗っている・・・といののが一般的かと思います。

紫外線対策と保湿ケアのクリームを思いつきますが、ベトベト感があり塗りにくいとか襟にまとわり付いたり時間と共に酸化して、最初とは違う匂いになってしまったり・・・。

首イボ専用の化粧品を探してみると、ジェルクリームタイプが一般的みたいです。
首イボ専用の化粧品の効果や効能を見てみると、紫外線対策とやっぱり保湿がメインになっています。

角質ケアでなめらかに、スキンケアでうるおい・ハリ・キメ・なめらかなどをギュッと一つにまとまたオールインワンジェルが多いですね。
参考記事は:首イボ・首元ブツブツの原因と首元スキンケアの正しい方法

洗顔で誤ったやり方とはお肌のトラブルの原因となり保水力を保てなくなります原因となります。

ゴシゴシ洗わずに包むように洗う丁寧に漱ぐ、このようなことに注意して洗う洗顔を行いましょう。お肌のケアをオールインワン化粧品で済ませている方も非常に多いです。

オールインワン化粧品を使えば、忙しいときも楽にお手入れができるので、日常的に使われる方が増えるのも自然な流れでしょう。化粧水や乳液、美容液など色々揃えるよりもぐっとお安く済ませられます。ただ、商品が合わないといったこともございますので、配合されている成分がお客様のお肌に合っているかどうかをご確認ください。乾燥が気になる肌は、毎日顔を洗うこととその後の保湿のお手入れを正しくやっていくことで良くなると言えます。

毎日お化粧を欠かせない方の場合には、化粧を落とす工程から見直しましょう。メイク落としで気をつける点は、メイク、汚れをきちんと落とすのと共に肌を守ってくれる角質や皮脂は無くしてしまわないようにすることです。肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、マッサージをするなどということが大切です。

でも、内側からのスキンケアということがもっと重要です。生活リズムが不規則だったり、タバコを吸うといった生活をしていると、どんなに高価で優れた化粧品でも、充分に活かすことができません。食事等の生活習慣を改善することで、肌を体の内部からケアすることができます。最も有名なコラーゲンの効果といえば、肌トラブルの改善といえます。コラーゲンをとることによって、体内に存在するコラーゲンの新陳代謝が促進されて、肌に潤いやハリを与えることが可能です。

体内のコラーゲンが減少するとお肌の老化が著しくなるので出来る限り若々しい肌で居続けるためにも積極的に摂取すべきです。

みためも美しくない乾燥肌のスキンケアで肝心なことは一にも二にもまず保湿です。それに、皮脂を完全に落とさないということも大切なことです。高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまってお肌の乾燥の元になります。

あと、洗顔のときのお湯についてですが熱いお湯はお肌の水分を一気に奪っていくのでやめましょう。やみくもに保湿だけすればいいと思わず、自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。洗顔後の保湿は乾燥肌の予防、改善に大切なことです。これを怠けてしまうとますます肌を乾燥させることとなってしまいます。

そのほか、クレンジングやメイク用品についても保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。さらに保湿効果のある入浴剤を使用したり、熱いお湯を使わないというのも乾燥肌に効果があります。

化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、適切な使い方をしなければせっかくの効果も半減してしまいます。顔を洗ってからつけるのは化粧水です。これにより肌を潤しましょう。

美容液を使う場合は基本である化粧水の次に使いましょう。

その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。肌にしっかりと水分を与えてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。アンチエイジング成分配合の化粧品を使うことで、しわ・シミ・たるみのようなお肌の老化を目立つのを遅くする効果が得られます。

とはいえ、アンチエイジング効果のある化粧品を使用していたところで、生活習慣を整えなければ、肌の老化スピードに負けてしまい効果は感じにくいでしょう。外からだけでなく体の中からスキンケアするということも大切なのです。スキンケア化粧品を選ぶときに迷ったら、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をあまり含まれていないということが一番のポイントです。

保存料のようなものは刺激が強いので痒くなったり赤くなったりすることがあるので、どういった成分が含まれているのか、しっかり確認することが大切です。CMや値段に惑わされず自分の肌に最適なものを選ぶことが重要です。